<< | 2/7PAGES | >> || TOP
再骨折からもうすぐ三ヶ月
再骨折からもうすぐ三ヶ月の検診とリハビリ。

骨折線がほぼ消失。リハビリのほうも7ー8割完了。先生の予想より回復が早かったため、抜釘手術が当初の予定では五月〜八月ということだったのだが、三月下旬〜四月にやれそうな見通しになった。

再骨折で上腕部の中程がわずかに曲がって癒合しているのだが、このままでもまったく機能的な問題はないそうだ。また骨には自家矯正(リモデリング)能力があり、代謝に伴って次第に矯正されていくのだそうだ。
| 上腕骨骨折 | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
年明け一回目のリハビリ
病院にて、右肩関節のリハビリ。右肩の可動域や柔軟性が再骨折する前の最後の頃の水準を超えた。ここからがまさに、リスタートだな
| 上腕骨骨折 | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ファンクショナルブレース、さようなら!
10/22の骨折から二ヶ月ちょっとが経過した本日、レントゲンの画像から、骨癒合が90パーセント完成との診断がでました。そして、ファンクショナルブレースをつけなくて良いことになりました。世話になったな…


数日前に、この装具を作った費用の七割が戻って来ていました。思いのほか、はやく支払われました。
| 上腕骨骨折 | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
再骨折から八週間 & 佐野元春@恵比寿ガーデンホール
 10/22の再骨折から、八週間と二日。先週のレントゲンではかなり骨ができていることがわかりましたが、この一週間で、骨の形成がさらに進んでおり、レントゲンでは骨折箇所がうっすら映る程度になりました。

また、リハビリでは、最後まで封印されていたローテーション(肘を曲げた状態で肘から先を外に捻る)という動作が解禁になりました、つまりもう「どんな方向への動作もOK」ということになったわけです。

夜は恵比寿ガーデンプレイスに来ました。
すてきなイルミネーション。


寄り添い歩く恋人たち。

Tonight's gonna be alright!
弟が佐野元春のライブのチケットをとってくれたのです。


ラジオDJの時は別として、ライブであんなにしゃべる佐野元春は初めてみました。ゴキゲンだったね。昔はとにかく、ほとんどMCなしで延々と演奏をするスタイルだったよね。ボーカルの声の調子は、30周年ツアーファイナルの有楽町のライブのときに比べて、またいまひとつ出にくそうだったけど、なかなかロックな選曲だったし、バンドはCOYOTEバンド、バリバリのギターサウンドでかっこよかったし、元春は元気だったね。だから僕も彼らから元気をもらったよ。

弟は来年から三年間、仕事でLAに行くことが決まっていて、三年間は、身内の不幸でもない限り、日本に戻れないルールだそうだ。うん、すごいな。面白い人生を歩んでいるよね。がんばれ。そして僕も、三年後彼が戻ってくるまでに、もっと前に進まなくてはね。
| 上腕骨骨折 | 23:45 | comments(2) | trackbacks(1) | ↑TOP
今日もリハビリ
今日は、週に二回のリハビリの日。
痛いが、固まってるとこがホグされ伸ばされる感覚が気持ちよかった。リハビリには、毎回700円から1000円(さらに交通費460円別途)かかる。後で保険でいくらか戻るとはいえ痛い出費だ。しかし、20〜30分のストレッチ&マッサージでその値段っていうのは、ちまたによくあるクイックマッサー ジの値段を考えたら、安いともいえるのだが…ついでに、反対の肩とか腰も揉んでくれたら完璧なんだけど(^^;

今日はリハビリの先生に、月曜日より肩の柔軟性がだいぶ出てますね、と言われて、「そうでしょ、がんばったんですよ!」とニンマリ。月曜日のリハビリの後に、火・水、木と三日続けて ジムに通った成果がでたかな。よしよし。

一昨日から今日にかけて、仕事でちょっと面倒なことがあった。いま、とある店舗の内装デザイン一式をやらせていただいているのだけど、一昨日、とある客先から戻った営業の人から連絡があり、打ち合わせをしたところ、「お客さんのいってることがわからないんだよね。あのお客さん、感覚で適当にものをいうからさ」と前置きをしてから「僕はまあこういう意味だと思うんだけど」といってデザインの要望を述べ始めたのだ。僕は思わず「いやいや…そんな曖昧な"あなたの解釈"じゃなくて、お客さんの要望を聞きたいんですよね」と少々声を荒げてしまった。お客さんがいってることがわからなければ適切に質問をし、より的確にその要望をとらえてくるのが、営業の仕事ではないのか?それなのに、それを放棄して「まあたぶん俺はこう思う」というのは、お客さんとデザイナー双方をないがしろにする行為だと思ったのだ。なんといっても時間の無駄だからね。そんなフィルターのかかった指示で無駄な作業をするなら、お客さんと直接電話で話させてもらったほうがいいな。
結局のところ、これまでにお客さんから来たメールや、最後の打ち合わせでいっていたことを「その人の意見を入れずに」開示してもらい、その要望をできるだけ汲み取る形でデザインを修正した。これでもだめなら、直接お客様と話させていただく方がいいだろうな。
と、ここでグチってもしかたがないけど、ちょっとたまったストレスを吐き出してみました。
さ、次へ進もう!
| 上腕骨骨折 | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
再骨折から7週間と2日
 10/22の再骨折から7週間と2日が経過。

少々小さい写真だが(大きいとなんか怖いので(笑))右が今日のレントゲンだ。
再骨折でヒビが入っていたところが、新しい骨組織で充填され、骨折線が埋まっていることがわかる。人間のカラダって本当に不思議だな。

ここまで来たら、骨はまず、よほど大きな力を加えない限りは、ズレてしまうことはない。
ここからはまた、しっかりと動きを出していきましょう、といわれたので、ストレッチとリハビリに本腰を入れていこう。

試しに、チタンの棒はいつ抜けますか、と聞いてみた。先生は「順調にいって来年の春以降と思っていましたが、再骨折してしまいましたからねえ。来年の夏くらいにしましょうか」と言っていた。しかし、僕が残念そうにしていたら、「とにかくリハビリでしっかり動きを出していきましょう。その経過と、骨の出来具合で、最短で来年の春以降と思ってください」とやや早めに修正してくれた。なら、その最短に近い形でチタンの棒が抜けるように、とにかくリハビリをがんばろう。姫丸さん的に言えば、リハビリを楽しもう!
| 上腕骨骨折 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
保険金請求の準備、とか
やらなきゃいけないことがたくさんある。怪我の保険金請求手続き、帰省切符の受け取り、お友達の飲み会セッティング、図書館の本を返却…などなど、仕事以外の雑務が溜まっているのだ。

こういう時、箇条書きでざーっと書き出して、まずはリストを作ると、頭が整理される。そして、それをひとつづつこなしていく作業が、不思議と楽しくなる。僕はいわゆるスケジュール帳も使わないんだけど、こういうことはiPhoneやMacBook Airよりも、ノートと鉛筆、がいいんだよなぁ。そのほうが腑に落ちる、やる気が出る。なんでかな。

今日はまず、午前中は整形外科にリハビリへ行った。午後はそのリストを見ながら、いくつかの項目をこなしていった。中でも一番面倒だったのは、保険金の申請準備だ。

まず、僕の怪我は7月にバイクレースで怪我したのが一回目。その後、一回目の怪我のリハビリ中ではあったが、十月下旬に再骨折した。これは日常生活での怪我なので、バイクレースは関係ない。
よって、まずは一回目の怪我に付いてのみ先に請求手続きをさせていただくことにした。

もちろん、レース主催者さんによるレース保険と、オートバイ友達と共同で入っているスポーツ協会の保険は、一回目の怪我の日〜10月21日までにかかった費用だけを請求させていただくことになる。

また、自分で加入している医療保険は、入院・手術だけの保険がアフラック、通院も含む保険が生協なので、この二カ所にも連絡し、これらは後日請求する二回目の怪我の分もあわせて二部、申請書類を郵送してもらう手続きをした。

医療機関で診断書を書いてもらう費用は自己負担で、おそらくは一通あたり安くて3000円、高いと5000円ほどかかる場合もある。これを四通も書いてもらったらそれだけで大変な金額になるが、四カ所への問い合わせの結果、生協の一通だけを書いてもらって、あとの請求先はそのコピーでいい、ということに落ち着いた。

これで、まずは一回目の怪我に対する保険請求の下準備はできた。

夜は久しぶりにジムに行けた。昨日も一昨日も行くつもりだったのだけど、夕方にさてそろそろ…と思った頃に急ぎの仕事が入り、行けなくなったのだ。やはり体を動かし、汗をかくと気持ちがいいね。

それから、弟から連絡があった。来年から研修で三年間、LAに行くことになったそうだ!すごいなあ。 せっかくだから、彼がLAにいる間に遊びにいきたいな。
| 上腕骨骨折 | 23:16 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑TOP
療養費支給請求書(治療用装具)提出
 先日上腕部の治療のために作ったファンクショナルブレース。その費用の31000円は一旦は全額自分で支払うのだが、病院が発行する証明書と領収書、および所定の書類「療養費支給請求書(治療用装具)」を健康保険協会に提出することで、健康保険が適用となって7割が後日還付される。

本日、郵送で申し込んだ。さて、還付されるまでにどのくらいの期間がかかるだろうか。ニーブレースの時も同じような手続きをしたんだけど、どのくらいで振り込まれたのか忘れてしまったな…。過去の記事に書いたかと思ったけど、見つけられなかった。
| 上腕骨骨折 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
再骨折から六週間と二日
再骨折から六週間と二日の診察。

レントゲンで、先週よりさらに骨がしっかり出来ているのがわかった。シーネからファンクショナルブレースに変わって最初の一週間は、腕を上げるのは水平までにしてくださいと言われていたが、今日からは真上ま上げて良いですよ、という許可がでた。これは大きな進歩。

リハビリの先生に、ファンクショナルブレースのシールを見られてちょっと恥ずかしかった(笑)けど、アメフトのプロテクターみたいでかっこいいですね、とかなんとか言われた。そうそう、ファンクショナルブレースって、たぶん小さい子供が見たら、なんか怖いと思うんだよね。だから、そういう子が見て、なんかかっこいい〜と思うような感じにしておきたかったんだな。
| 上腕骨骨折 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
再受傷から5週間と2日の診察
レントゲンで見ると、折れてるところははっきりわかるし、少しズレてる感じもあって素人目には怖いのだけれど、仮骨もだいぶできていて、かなり安定してきているそうだ。少しズレてるのも問題はないそうだ。また、ズレや曲がりは、新しい骨の形成および代謝とともに自然と矯正されるのだそうだ。人間の体ってほんとにすごい。

ファンクショナルブレースをつけて、肘と肩のリハビリを進める。
シーネがファンクショナルブレースに変わってから、日常生活や仕事でも、力仕事を除いては右手がある程度使えるので、かなり楽になった。パソコンのキーボードもこうして両手で打てるようになったしね!
| 上腕骨骨折 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
<< | 2/7PAGES | >> || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE