<< | 2/2PAGES | || TOP
MacBook Air 13 液晶保護フィルム
2週間以上前にAmazonに注文していた液晶保護フィルムがやっと届いた。
いろんなメーカーから出ているが、選んだのはこれ。
ELECOM MacBook用 Air兼用液晶保護フィルム マット 13.3インチワイド EF-FLAMB

厚手で気泡も追い出しやすく、付属のへらも使い勝手が良くて、とても貼りやすい。
サイズもぴったり。
クリアで透過率が高い上に、映り込みが少なくなるため明るいところでも液晶が見やすくなった。これはおすすめです。
| Mac | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
MacBook Air + Windows7 with BootCamp
MacBook AirにBootCampでWindows7入れてみました。
Boot Campといっても、ビリーは関係ありませんよ(笑)BootCampとは、Mac OS X 10.6/10.7に組み込まれているソフトウェアで、Windowsを Intel ベースのMacで稼動させることができます。

AirのSSDは256GBしかないためこちらのドライブには20GBしか割り当てていないので、Windows7Professionalをインストールしただけで残り4GBになりました(笑)。まあ、僕はあくまでMacユーザーですから、とりあえずはOKです。必要だから、というより、やってみたかった、というほうが主な動機ですから…。
| Mac | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
今日届いたMacBook Airグッズ-2


MacBook Air本体をカバーするハードシェルケースは、iPhoneケースに引き続き、オレンジでキメてみました。
.

KTMシールも貼るべきかな?
このケースは3480円(送料450円別途)でした。


デスクトップマシンのキーボードはカバーをつけた時のくにゃくにゃした感触がいやなのでだいたいカバーなしで使いますが、ノートの場合、キーボードのすぐ下が本体心臓部で、飲み物等をこぼすとアウトなのでカバーを付けることにしました。
KB COVERS Apple MacBook MacBookPro MacBookAir(11inch除く) 対応キーボードカバー ClearSkin-M-JIS

このカバー、少々お高くて、3058円(送料無料)もします。もっと安い、2000円弱くらいのものもあったのですが、少々高くてもタッチを極力損なわないとネット上で評判が高かったものを選びました。

透明度も高く、見た目にはカバーをつけているのはほとんどわかりません。くにゃくにゃ感も少なくて、使い勝手は上々。

あとは液晶の保護フィルムが届けば、MacBook Airの保護グッズが一通り揃います。
| Mac | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
Photoshop CS5 切り抜きヤバい!
こんなフワフワのネコちゃん、切り抜けっていわれたら…
毛の部分をどうやって切り抜くか、頭痛かったんですが

PS CS5のチュートリアルで学んだ方法でやったら、ほぼ自動で
こんなにきれいに切り抜けちゃいました。
所要時間、3,4分で…

もう、CS3に戻れなくなりそうです。
| Mac | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
Photoshop CS5 新機能を勉強中
MacBook Airに、Adobe CS5.5 Master Collectionをインストールしました。
早速Photoshop CS5 の新機能を学んでいます。

「コンテンツに応じた塗り」すごいな。
「消したいもの」をなげなわツールで選び「コンテンツに応じた塗り」を実行すると、このとおり。
元画像
加工後
写真からいらないものを消す作業ってよくあるんですが、全自動とはいかないものの、半自動でかなり楽に消せます。これは便利、すぐに仕事で使えます。

ほかにも新機能いろいろ。順次学んで、仕事に生かしていきます。

IllustratorCS5も勉強しなくちゃね。
| Mac | 13:51 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑TOP
今日届いたMacBook Airグッズ
これとこれ。




上…トラックパッド用保護フィルム
下…インナーケース

それぞれの詳細は、後ほど追記の予定。
| Mac | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
MacBook Airに関する物欲
久々の新しいMac。しかし、家でもモバイルでも使うとなると、知らず知らずのうちに本体をボロボロにしてしまいそうなので、まずはプロテクト系の小物を注文した。

液晶保護シート
トラックパッド用保護シート
本体装着式シェルカバー
運搬用インナーケース

以上をAmazonやキットカットにオーダー。届いたものから随時紹介する予定。

早く届かないかなー。

| Mac | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
MacBook Air 起動!
入院中に届いたMacBook Airを、いよいよ開封…

ドキドキ、ワクワク

じゃーん

嬉しい〜d(^_^o)
サクサク動いてすごく快適なマシン。
これから、メインとモバイル両方で活用していきます。楽しみだなあ。
| Mac | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
MacBookAIR、ポチっとな!

AIRの13インチモデル、アップルストアにてポチッとしてしまった。
MacBook Air 1700/13.3 MC966J/A
?138800
2011年7月20日 発売


できることならすぐに欲しいと思い、近所の家電量販店数件に電話で在庫と価格を聞いてみたのだが、いずれも定価もしくは3000円引き、どこもポイントなしだった。アップルストアでの購入なら、本体は定価だが、現在一万円ちょっとのプリンターを買うことで一万円キャッシュバックというキャンペーンをやっているため、実質のアップルストアが一番安いという結論になった。

ちなみに、アップルストアでの注文は+一万円ほどでCPUのアップグレードが可能だが、ネットで調べたところ、13インチモデルでは実はCPU処理速度のスコアにさほど大差がないため、このアップグレードは必ずしも必要ではないという情報を見つけたため(キャッシュの容量の関係らしい)バッテリー駆動時間のことも考えてCPU変更はしなかった。

気になる納期は、24時間以内に出荷と記載されている。明日の発送なら、入院前日には間に合わないが、入院当日に届くことになる。

ところが、だ。
注文は受理されたものの、そのメールにはこんなふうに記載されていた。

MacBook Air 13インチ
出荷予定日: 24時間以内
お届け予定日: 2011/08/04 - 2011/08/05
製品番号 MC966J/A

HP Photosmart Plus B210a
出荷予定日: 24時間以内
お届け予定日: 2011/08/02
製品番号 H2469J/A

あれ?どっちも出荷予定日が24時間以内なのに、お届け予定日がえらく違うのはどういうこと?

そこで、アップルストアに電話で問い合わせてみたところ、たしかに明日の出荷だが、国内在庫がなく海外在庫からの出荷なので、4日〜5日になるということだ。そりゃ無いぜアップルストア!24時間以内に出荷と書いてあれば、国内出荷で翌日には届くと思うのが一般的な感覚だろう…。まあグローバルな企業だから(笑)しかたないことなのかもしれないが、この表記は紛らわしいので改善して欲しいということだけは伝えておいた。

まあとにかく、しかたない。どうせ水曜日手術で、術後二日くらいは手なんかほとんど動かせないだろうから、土曜あたりにkikiさんに病院に届けてもらうとしよう。

しかしMacの新型導入は何年ぶりだろう。しかもノート。結局、Snow LeopardすっとばしてLionだな。いろいろ楽しみだなあ!
| Mac | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
MacBookAir?
自分の仕事道具でもあるMacは未だにG5QC。実は今のところこのマシンで特に問題なく仕事はできてしまうのだが、最新の機器、OSなどにすっかり疎くなってしまうことに危機感を感じ、そろそろ新しいマシンの導入を考えている。
Mac歴は気がつけば19年くらいになるだろうか。一台買うと、何年も使い倒すほうで、メインマシンはLC475/PowerMac8500/G4/G5とわずか四台しか変更していない。

その他、改造機としてのLC575や630、カラクラやplus、SE30なども多数入手しているが、それらはすべて中古で手に入れ、クロックアップやニコイチなどの実験に使われたのちに友達にあげたり売り払ったりしたもので、弄りたいために入手しただけのMacであり、実用機ではなかった。

今回、新しいMacを導入するにあたっては、タワー型のProは視野にいれていない。過去の経験から、タワーマシンの本体の拡張性によって延命措置を施しても、テクノロジーの進歩には及ばないと判断しているからだ。Proを買うだけのメリットがあるのは、今すぐに拡張スロットがうまりそうな人たち、例えば劇場映画レベルの3D映像編集など負荷の高い仕事をしているまさにプロフェッショナルな一部の人だろう。我々のレベルの作業ならば、デスクトップマシンであれば今はiMacが一番コストパフォーマンスが高く、仕事でも趣味でも十分に使える性能だ。ProとiMacの差額を考えると、二、三年ごとにまた最新のiMac(名前が変わっているかもしれないが)を買ったほうがいいということだ。

昔はMacのノートは、正直重くて高くて使い物にならなかった。実は、一次はPowerBOOK540を所有したこともあったのだが、重さやバッテリー駆動時間がネックで実用的ではなく、半年ほどで手放してしまった。その後ノートは導入していなかった。

しかし今は、MacBookも安く高性能になり、MacBookAIRという選択肢も増えた。こうなるとやはりノートマシンも欲しい。iMacをデスクトップマシンとして買い、持ち運びのできるサブマシンにMacBookAIRを買うのはどうか、あるいは、MacBookPro一台でその両方の役割を担うのはどうか…と悩んでいたところ、七月二十日に、従来型より二倍高速だというMacBookAIRの新型が発表された。iMacと二台体制なら一番安い11インチモデルがよいと考えていたのだが、13インチモデルのハイエンドモデルは、MacBookProに匹敵もしくは凌駕する性能がある。それでいて135000円という価格は、かなり安いと言える。ならばいっそのことiMacと二台ではなく、これ一台体制にするという選択肢も見えてきた。うちで作業する際にはクラムシェルモードで、大容量ハードディスクやモニター、キーボードを接続すれば、快適なデスクトップマシンとしても使えるだろう。と書いていたら、だんだんこれしかないか?!という気になってきた。今買えば、入院中にも使えるしな…


| Mac | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
<< | 2/2PAGES | || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE