<< | 2/4PAGES | >> || TOP
デジカメ入院
IMG_8037.jpg
昨年買ったカシオのデジタルカメラEX-H10のズームレンズにゴミが混入し、撮影画像に写り込むようになった。
今日は綾瀬に行くので、その前に秋葉原に寄り、カシオサービスステーションに来てみた.その場で修理してもらえるのかと思いきや、一週間ほど預かりになるという。しかし保証期間内なので、自宅までの送料含めて無料ということなので預けてきた。
ネットで調べると、この機種はレンズにゴミが入りやすいらしい‥‥しかしだからといって、どう気をつければいいのやら。
| デジタルカメラ/iPod/他デジモノ | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
一眼レフ用バッグ CRUMPLER 5MILLION DOLLAR HOME
少し前からデジタル一眼レフ用バッグを探していました。
kikiさんが「カメラバッグらしくなくかわいくて黒っぽいやつ」を希望していて、なかなかコレっていうのが見つからなかったんですが…ようやく昨日、いいのを見つけました。

”CRUMPLER 5MILLION DOLLAR HOME ”


本体+交換レンズ+ストロボ等を持ち歩くのにちょうどよいサイズ。

今ちょうど商品の切り替え時期らしく、新型と旧型が出回っていて、旧型も蓋の形がかわいらしくていいんですが…(↓こっちが旧型です)


新型の方には「マジックテープのビリビリ音防止機構」(こういうこと)がついているので、新型にしました。

ラスト一個の在庫を駆け込み確保できて、明日届く予定。7980円とそんなに安くはない買い物ですが、自分たちへのクリスマスプレゼントってことでOKかな?

| デジタルカメラ/iPod/他デジモノ | 19:13 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
デジカメ二台
100423_094717.jpg
コンデジがかなり古くなっていためゴールデンウイーク前に新調。結局、先日悩んだフジとカシオ、一台ずつ購入。キキさんとそれぞれ持ち歩くからね。三万円の予算で、最新型一台より半年前発売のカタオチを二台のほうがお得なような。さあ、カメラ持って旅にでるぞ。
| デジタルカメラ/iPod/他デジモノ | 06:42 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
Finepix F70EXR ズーム性能
主にminicoさん用に(笑)FUJI Finepix F70EXRのズームレンズ性能がよくわかる比較写真を掲載します。画像が多く携帯ではちょっと表示しきれませんのでPCで見てね。

以下に掲載するのは、僕と母とがほぼ同じ立ち位置から同じ動物を撮影した写真。
2枚一組で比較してください。もちろん、トリミングはしていません。
F70EXRは被写体に応じて任意ですがEOSはほぼすべて望遠側いっぱいで撮っています

上:Canon EOS Kiss III 標準レンズ 35mm換算28.8〜 88mm相当(EF-S18-55mm)
下:FUJI Finepix F70EXR 35mm 換算で27〜270mm相当
今回は望遠側を比較していますが広角側もF70EXRのほうがちょっと広いことになりますね

【EOS カバの親子】

【F70EXR カバの親子】
カバ用フィールドの一番奥、遠くにいたのに、小さいカバのかわいい寝顔まではっきりわかります。この写真のみ、クリックでやや大きいサイズが開きます。

【EOS コアラ】

【F70EXR コアラ】

【EOS パンダ】

【F70EXR パンダ】

【EOS サイ】

【F70EXR サイ】

【EOS ホッキョクグマ】

【F70EXR ホッキョクグマ】
注:表面が白っぽくとんでいるのは、透明アクリルウインドウごしにとっているからです。

【EOS トラ】

【F70EXR トラ】

色温度はEOSよりF70EXRのほうが高いですね(相互に比較して、EOSは青っぽくF70は赤っぽい)。

今回、単にズーム性能だけを比較したに過ぎませんが、交換レンズなしでコレ一台で済ませるコンパクトカメラを一台選ぶとなると、広角側も28mmと広く、望遠側も280mmと強烈に寄れるこのカメラは面白いと思います。画素数/撮影解像度が高くても、後からトリミングするのであればその分画質はおちてしまうわけですが、光学レンズでこれだけ寄れるということは後からトリミングする作業は必要なくなるわけですから、特に望遠側の撮影においては有利と言えるのかな。

で、minicoさんに業務連絡です。掲載写真はブログ掲載用にw400に縮めてますが、大きい写真もありますので、撮影画質の検討用に必要ならばメールしてください。よく考えたら、携帯メールとmixiしか知らなかったので…。
| デジタルカメラ/iPod/他デジモノ | 13:24 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑TOP
FUJIFILM FinePix F70EXRを買った(両親用に)
 両親がデジタルカメラを旅先でなくしてしまったとのことだったので、喜寿の祝いとは別に、誕生日プレゼント(母は1月、父は3月なので、両方まとめて!ということで了承いただきたい)として新しいデジタルカメラを買うことにした。つい先ほど、FUJIFILM FinePix F70EXRをオンラインで注文した。実家に直送してもらう予定なので、今週中には届くだろう。実物を見るのは喜寿の祝いに帰省したときになる。

 FUJIを選んだのは、両親が前に使っていたデジタルカメラがFUJIだから、という単純な理由だ。本体のみならず、FINEPIX VIEWERという画像管理ソフトの使い勝手に慣れているだろうから、同じメーカーのものにしておくのがよいと思ったわけだ。(実のところ、どのメーカー のデジカメを買っても、今まで使っていたFINEPIX VIEWERは使えるわけだが)

 このカメラF70EXRは、去年の8月に発売したころは実勢価格35000円前後だったのが、新製品F80EXRの発表もあって値段が下がり、今はなんと送料コミ16,531円で購入できる。発売からわずか半年ちょっと経過しただけで、これだけの機能の物がこの値段で買えるのはすごい。新機種への移行時の今が狙い目の目玉商品だ。

  むろん、新機種は画素数が1000万→1200万になっていたり、ハイビジョン動画撮影機能や赤外線通信機能、ペット自動検出(謎)機能などがついたわけだが、ほとんどの人にとっては新機種の半値(新機種F80EXRは価格com最安値で32,999円 )で購入できるこちらの機種で十分だろう…うちの実家は、ペットも飼ってないしね(笑)。
週末に借りて使ってみて良さそうだったら、無くならないうちにうちも買おうかな。

追伸…たぶん母が読んでいるので書いておこう。家計にはまったく響かない僕のお小遣い的な副収入(ギターコードの入力等)から出せる金額だったので、遠慮なく受け取ってください(笑)。

そうそう、kikiさんのお母さんにもなにか贈るとしよう。
| デジタルカメラ/iPod/他デジモノ | 16:24 | comments(5) | trackbacks(0) | ↑TOP
思い出の8mmフィルムをデジタル化(その1)
 3月下旬に催す父の喜寿を祝う会に向けて、三姉弟でいくつかのことを画策している。そのうち、僕の任務がふたつある。

ひとつは、父の描いた画で画集をつくること。これは先日の記事に書いた通りで、デジタル一眼レフで撮影した画像データを補正/トリミングし、それぞれの絵のキャプションととともにillustratorでA4サイズ表紙+24ページのデータに仕立て、オンデマンド製本ショップに入稿した。仕事が忙しかったことと、風邪をひいていたことが重なって作業が遅れてしまい、今週はじめの入稿になってしまったのだが、会の前日に届くということでぎりぎりセーフ。

そしてもうひとつの重要な任務が、8mmフィルムのアナログからデジタルへのコンバートだ。いろんな業者の価格や技術情報を見比べた末に、digital-write.jpというショップに依頼することにした。
値段だけで言えばもっと安いショップはあったのだが、こちらのdigital-write.jpのホームページでは、撮影変換方式の違いについて詳細に説明されているため素人にもわかりやすく、またその中に、HD CCDカメラを使用したハイビジョン(HD)ダイレクト・フレームバイフレーム高画質変換ができるという説明があり、技術的に優れた印象を受けたからだ。

3CCDカメラを使ったスタンダードテレシネ(以下、SD)とハイビジョンカメラを使ったハイビジョンテレシネ(以下、HD)では価格が違うため、どちらが良いかで悩んで相談したところ、数時間後には検討のためのサンプルデータを製作して両者を比較させてくれた。この対応の早さにも感心した。

そしてさっそく見てみたところ、思った以上に画質が違うことに驚いた。SDの品質が悪い、という意味ではなく、HDで得られる品質の高さに唖然としたのだ。SDは粒状ノイズが目立つが、僕の認識では「8mmフィルムからのコンバートはきっとこんなもんだろう」と思っていたのだ。しかし、HDは予想以上に画が鮮明、滑らかだった。


【上記動画の埋め込み…上がSDサンプル、下がHDサンプル】

これらはともにYoutubeにアップする際にAVIからFLVに変換されているためオリジナルより画質はずいぶん落ちているのだが、それでも両者の違いはわかる。
むろん、せっかくだからHDでお願いした。デジタル技術の進歩や、こうしてデジタルコンバートする会社の技術力・ノウハウに感心したと同時に、昔の8mmフィルムというのは実はこんなに豊かな色彩を持っているのだということにも気づかされ、あらためてアナログの持つ豊かな表現力と情報量を思い知らされた。

このわずか一分のサンプル、僕が生まれる前の姉の姿と若い頃の母の姿を見ただけで、なんだかじんわり涙が出てきた。仕上がりが今からとても楽しみだ。できあがったら、もう一度この件についてあらためて記事を書こう。
| デジタルカメラ/iPod/他デジモノ | 22:14 | comments(5) | trackbacks(0) | ↑TOP
超小型USBメモリ
DVC00161.jpg
超小型マイクロSDカードリーダーに、2GBマイクロSDカードを常駐させてるだけです。USB端子+数ミリの出っ張りだから、USBメモリとしてはこれ以上の小型化は物理的に無理でしょう。持ち歩きが苦にならず便利…だけど、いつか紛失しそう。
| デジタルカメラ/iPod/他デジモノ | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ついに買いましたデジタル一眼レフ
ちょっと遅めの、クリスマスプレゼントが我が家に届きました。もちろん自腹ですけど。091230_111929.jpg
じゃじゃーん!
EOS Kiss x3 ダブルズームキット。

8000円のキャッシュバックで買えるラストチャンス(1/11までの購入)なので、思い切って買っちゃいましたよ。
091230_193528.jpg

今日は弟夫婦が昼に遊びに来てくれたので、その写真を撮りたかったんだけど…電池の充電が間に合いませんでした  弟んちはKiss x2を持ってきてたので、いろいろ教えてもらいました。ふむふむ、液晶に保護フィルム貼ってるのね。さっそく真似してダイソーで買ってきて貼りました。

久々の新しいカメラ、はじめてのデジタル一眼レフ!(仕事では使ってるんですけどね)
なんだかわくわくしてきました。これでバンバン♪お正月を写そう♪(そりゃキヤノンじゃなくフジだ)
| デジタルカメラ/iPod/他デジモノ | 20:00 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑TOP
iPod (3rd) 修理
また友達の古いiPodの修理を請け負った。以前修理したVさんのと同じ第三世代のiPodだ。
故障の症状はフォルダ+ビックリアイコンで起動しないというもので、ハードディスク交換(リンゴ入り)と、ついでに電池交換を行った。かかった費用は約5200円。


この第三世代iPodは標準ではFirewireで同期/給電する仕様になっているのだが、困ったことにハードディスク交換後にFirewireケーブルでMac G5に接続しても、充電はできるもののMacがiPodを認識してくれない。それでは、と手持ちのUSBケーブルで接続すると、G5に認識されるのだが、iTunesから「復元」しようとすると、「復元するにはfirewireで接続してください」とエラーが出る。firewireでつなぎ直してみるが、やはり認識しない。iPodが接続モード(Do not Disconnect)にならず、充電マークが出るだけなのだ。

そこで旧型のPowerBook G4にFirewireで接続すると、こちらでは認識され、無事に「復元」ができて使用可能になった。いったん復元してしまえば、G5 Mac+最新のiTunes環境でも使用できるようになった。

ちなみにWindowsマシンにUSBケーブルでつないだ場合には、同期も復元(iPodがWindowsフォーマットになるが)もできる。

なぜこんなことになってしまったのかは今のところ不明だが、5th G以降のiPodがFirewireをサポートしていないこともあわせて考えると、既にサポートから切り捨てられている旧型iPodを使い続けるためにはそれなりの覚悟や工夫も必要だということだ。しかしながら、ちょっと工夫すればまだ使えるということでもある。僕のiPod mini(CF-32GB)もまだまだ現役だ。
| デジタルカメラ/iPod/他デジモノ | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
iPod 3G(第3世代) ハードディスク交換
お友達のVさんのiPod修理をしました。
寿命を迎えたハードディスクとバッテリの交換です。

続きを読む >>
| デジタルカメラ/iPod/他デジモノ | 19:35 | comments(5) | trackbacks(0) | ↑TOP
<< | 2/4PAGES | >> || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE