<< | 2/4PAGES | >> || TOP
セロー フロントブレーキオーバーホール その1
先日から、タッチの悪さとキーキー音が気になっていたセローのフロントブレーキのオーバーホールに着手。

マスターシリンダーを分解。
歯ブラシとお湯で洗浄(ここは、洗油はダメらしい。ブレーキフルードもしくはお湯)の後に、シリンダーAssyとダイヤフラムを新品に交換して、再度組み立て。

これで、タッチはギシギシがなくなるとともに、驚くほどかっちりした。しかし、ひきずりによるキーキー音が完全には止まらない。どうもピストンの戻りが悪いようだ。キャリパーのシール&ピストンのほうも要オーバーホール時期に来ているようだ。この際だから、徹底的にやろう。

しかし、YAMASHIDAのパッドはだめだな。以前にも同じことがあったのだが、またしても、ベースからパッドが剥がれかけていた。安くてもこれではね…。
| オフロードバイク SEROW | 23:50 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑TOP
セロー メンテナンスのメモ
ツーリングや街乗りに適した仕様にするため、2丁落としていたフロントスプロケットをノーマルに戻して走ったところ、後方からひゅるひゅると異音がする。
あ、そうか。トラタイヤは太いから、フロントスプロケットを小さくした状態でギリギリだったのを忘れてた!スプロケットだけ戻したから、トラタイヤがわずかにスイングアーム前方やリアサス付け根のゴムカバーに接触して異音がしているのだ。タイヤを中古のモトクロスタイヤに交換し、解決した。

先日のブログ記事に書いたクラッチワイヤの取り回し変更、ワイヤの注油、クラッチアーム部のリターンスプリング取り外し、さらにトレックフィールドさんのブログで教わったこの素晴らしい技を試したところ、うちのセローも一本指クラッチができる軽さに!これはぜひ、CRMでも試してみよう。
| オフロードバイク SEROW | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
セロー グラフィック(純正レプリカ)再製作
 2005年につくった純正レプリカグラフィック。
(詳細はこちらをクリック
ちょっとずつボロくなってたんで、シートを張り替えた機会にまた奇麗にしてあげよう!と思って、一台分つくりました。

材料は「前回の残り」なので今回の新たな材料費は0円。まだあと一台分はつくれるな。


| オフロードバイク SEROW | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
セロー シート張替え
これまでにバイクのシートを張り替えた経験は少なからずありますが、今までで一番難しかったですね。

モトクロッサーのシートは、上部が前後方向にほぼ平らなので、シワになりにくく張りやすいのですね。セローのシートは座面がV字になっているので、立体成形されていない汎用の一枚レザーでは、シワにならないように貼るのが大変でした。あっちへ引っ張りこっちへ引っ張りしながら、なんとか完成しました。
| オフロードバイク SEROW | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
セロー整備 シートの貼地はコレでいこうかな
セローのシートが破れてしまったので張り替える必要がでてきました。

純正は青紫と灰のツートンカラーですが、このツートンの純正シートカバーは8000円以上します。そこで、汎用のビニールレザーで張り替えたいのです。

以前、弟の家から引き取って来たセローのシートは、黒灰のツートンの汎用シート革(980円+送料200円の激安汎用シート皮)で張り替えたんですが…
↓↓これです

このカラーのセローには、黒灰のツートンはイマイチ合わないな、と思うんですよね。黒かグレーどちらか一色の方がまだよかったかな。

ということで、シートレザーを探すことにしました。一色で張り替えるなら、ツートンの側面に使われている青紫(インディゴブルー?)に近い色で張り替えるのが良さそう。

こういう微妙な色は、ネットで見てもダメです。実物を見ないとね。

シンコールのビニールレザー色見本調(実物サンプルが貼ってある)で探してみました。
そして、かなり近いのを見つけました。(実際のシートの切れ端と比較しています)
シンコール サザンX L-2671

サザンXは、船舶等に使えるアウトドア用難燃レザーなのでバイクにぴったりです。 

ネットで見ると、掲載されている画像の色は全然違います。
やはり実物見本で確かめながら探して正解でしたね。
125cm x 幅が60cm必要だとして、送料を入れて2000円ちょっと。安いね。

| オフロードバイク SEROW | 13:57 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
セロー整備 地味編
セローのクラッチワイヤーの取り回しを、WEの真似して右側からにしてみた。若干クラッチが軽くなったような…気のせいかな。

シートがツートンカラーの境目で裂けてきた。

純正の革は8000円以上するので、適当な合皮で張り替え予定。とりあえず引っぺがしてウレタン乾かし中。革の色が難しいなあ。
| オフロードバイク SEROW | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
セロー整備 クラッチボス改良、キック取り付け、バッテリー交換
先週、オイルシールなどのパーツが足りずに中断していたセローの整備の続き。

4JGセローではプッシュロッドにOリングがついているが、5MPセローではこのリングは取り外されている。また、クラッチボスにはオイルの周りをよくするための穴が開けられている。

そこで、うちの4JGセローでも、エンジンを開けたついでにプッシュロッドのOリングは取り外し、またクラッチボスには5MPと同じ位置に穴あけ加工をした。

クラッチボスは4JGセローにも5MPのボスをそのまま流用することもできるうえに、後者のほうが価格が安いので、交換する場合には5MPのボスをオーダーするとよいだろう。

参考:
4JG用ボス、クラッチ 2LN-16371-00   5,387円
5MP用ボス、クラッチ 5MP-16371-00   4,032円

あとは手順通りに組み上げて…

キック付きセローの完成。
しかし、試してみたらキック始動はちょっと難しかった(´-`)慣れだね。かつてはセルなしSRX600に乗っていたのだから、慣れればどうということはないはず?来るべき4スト時代に備えて、セルを封印してキックの練習をするかな。

といいつつ、バッテリーも交換した。

安いので済ませてしまった。前回より更に安く、2000円程度のシロモノ…。また、2年くらいもつといいな。もしダメになっても、キックで帰って来れるからまぁいいか。

| オフロードバイク SEROW | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
セロー整備
こんな時ですから、交通手段として必要な時を除いてバイクに乗るのはまだ先になりそうですが、うちのバイクの中で一番燃費が良く、ナンバーがついているバイク「セロー」を、今のうちに整備しておくことにしました。

しばらく乗ってなかったので、オイル交換…のついでに、中古で譲り受けたまま放置していた「キックセット」を取り付けることに。


後は組むだけなんですが、ここで問題発生。
中古のキックセットだったので、新品交換推奨のロックワッシャとOリング、またキックシャフト部分に必要なオイルシールの三点がないことに気がつきました。作業する前に調べろって話ですが…。
ガレージにセローをおいたまま、今日のところは一時作業中断。足りないパーツはYSP所沢にメールで注文しました。

三年前に交換した中華バッテリーyellは終了、もう充電を受け付けません。価格的に「二年持てばイイや」と言ってたやつだからこれは予定通り、いや期待以上に頑張ってくれました。また割と安いやつに交換するつもりです。続きは次回、部品入荷後に。



メモ・4JGセローのクラッチボスやクラッチ板は後継の5MPのがそのまま使えるようだ。しかも5MPのパーツのほうが改良版でかつ安かったりする。例えばクラッチボスは2LN-16371-00 5,387円に対して 5MP-16371-00 4,032円と5MP用のほうが1355円安いうえに、オイル流量アップの穴あきタイプに改良されている。フリクションプレートの素材も変更されている。
| オフロードバイク SEROW | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コマ図用マップケースをセローにつけたところ。
今月末に川内村で行われるイベントに出場するお友達にお貸しするために、久しぶりにひっぱりだしてきました。

このマップケースは、今を去ること7年前?だったかな?MCジャパンの末石ご夫妻が主催されていた「てんこも林道」というコマ図ツーリングイベントのためにつくったものです。
車体への取り付けアダプタはホームセンターで売っているアルミ板と汎用ステー、またマップケース本体はお弁当箱(笑)や中空アルミ棒、ゴム足部品などでできています。

この取り付け用アダプタは当時DT230LANZA用につくったものなのですが、セローとLANZAはフロントフォークのトリプルクランプの寸法関係がほとんど同じなので、そのままセローにつけられました。


トリプルクランプのアッパーブラケットの上のボルトを一旦抜いてから、ステーと共締めしています。倒立フォークではないので、ボルトはがっちり締めちゃって大丈夫。左右一本ずつのステーですが、支えているものが軽量なので、しっかりボルトを締めておけばまず問題ありません。

一応、アルミ板の裏面にも補強用ステーが入ってます。

というわけで、この記事をもって取り付け説明書とさせていただきますので(笑)ご活用下さい。
| オフロードバイク SEROW | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
セロー225…チタン製スネイルカム
マリオスポーツさんは、チャンバーだけじゃないんですね。
セロー号スペシャルパーツ第一弾…チタン製スネイルカム(チェーンアジャスター)!

しかも、我が家にもある旧225セロー用ですよ。実にすばらしい。
限定数セット、10000円…ちょっと買えないけど、セロー好きなどなたか、おひとつどうですか?
| オフロードバイク SEROW | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
<< | 2/4PAGES | >> || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE