<< | 2/41PAGES | >> || TOP
2015クリスマスキャンプ
12/19
冬の寒い中、道志の森キャンプ場にバイク仲間が集まりました。
th_IMG_7397.jpg
最近はちょっと運転してくれるようになったkikiさんが、行きは少し運転してくれました。

th_IMG_7403.jpg
th_IMG_7404.jpg

焚き火をし、それぞれがご飯をつくって互いに振る舞い、お酒を呑み、語らいます。
ちなみに僕はお好み焼きをつくりました。
th_IMG_7412.jpg
なおとくんのダッヂオーブン料理!肉も野菜もおいしかったな〜。
とり天、モツ煮、タイカレー、松茸ご飯、ソーセージ、スープ、パスタ、チーズケーキ…etc
どれも美味しくて、おなかがいっぱい食べ過ぎました。
th_IMG_7419.jpg

翌日は、kikiさんのあかり教室があったので僕らは朝七時過ぎに先に帰りました。
th_IMG_7402.jpg
帰り際にいまっぽくんがくれた、いまっぽビール(^^)
忘年会までとっとこう!


他の参加者達は、ひたすらまったりしたり、キャンプ場内でバイクや自転車に乗ったり、近くの道の駅でやっていた餅つき大会に参加したり…と、思い思いに楽しんだようです。また来年も集まりましょう。

来年用メモ…寒さ対策が肝心。kikiさんが着ていたユニクロヒートテックじゃ、あの寒さは凌げなかったそうです。僕が着ていたモンベルのアンダーウエア(ジオライン)だと大丈夫でした。それから、寝るときは湯たんぽが欲しいですね。
| オフロードバイク 雑記 | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
12/6 エンデューロバイク大試乗会@成田モトクロスパーク
もう10日も前になってしまいましたが…
12/6(日)に成田モトクロスパークで行われた、エンデューロバイク大試乗会に参加しました。

会場についてから朝イチでやったのは、チャンバー修理屋さんでした(笑)。
フェアルさんから購入した治具で、
th_th_IMG_7229.jpg
th_th_IMG_7230.jpg
まずは2016KTM125EXC姫丸号のマリオチャンバーの凹みを修理。
th_th_IMG_7226.jpg
穴があいていなかったので作業は楽でした。純正よりかなり肉厚で固いマリオチャンバーなので、もしかしたら凹みがうまく出ないかも?と懸念していたのですが、ちゃんと修理できました。そして、島崎さんちも「共同所有会員」になってくださいました(^^)
チャンバー1本の修理で、だいたい10-15リットルくらいの水が必要ですね。

その後は、ちばてつさんの150のチャンバーを修理。
th_th_IMG_7232.jpg
こちらは小穴が開いていて少し水漏れしましたが、穴を指で押さえて素早く加圧することで、大きな凹みは修理できました。

※ここから先の記事中の写真のほとんどは、MC GEARの大西さんにいただいたものです。

会場に集まったたくさんのエンデューロライダー。
th_th_12301777_913265948749850_3590094032229854228_n.jpg
朝のミーティングに間に合わなかったライダーもいたので、実際の参加者はもっとさくさんいました。大盛況ですね。

メーカーごとの試乗会は各地で行われていますが、KTMやベータ、ハスクバーナ、TM、シェルコ、ヤマハにカワサキ(ピュアテック)など、あらゆるエンデューロレーサーの試乗が同時にできる機会というのは、なかなかありませんからね。
th_th_12341310_913265882083190_4136552849810797383_n.jpg
th_th_12348147_913265795416532_800619396623452078_n.jpg
th_th_12341152_913266058749839_3704067380022255378_n.jpg
th_th_12348103_913266102083168_2801418934049644577_n.jpg

試乗に使用した成田のMX本コース。

th_th_12316362_913265968749848_8937534864093573310_n.jpg
普段はモトクロスライダーさんがばんばん走っていて本コースに入るのは怖いのですが(^^;
この日は試乗会で貸し切りなので、ちょっと安心です。

いろんなエンデューロレーサーに、同じ日に同じ場所で試乗できるということはつまり、違う日に違う場所で乗るのに比べて、圧倒的にその違いが比較しやすいのですよね。さらには、自分の持ち込んだバイクでも走行できるので、今の自分のバイクの乗り味とも比較できる訳です。

お昼休みには、上級ライダー達によるエキシビジョンレースが開催されました。
th_th_12342680_913267558749689_2745435499164626496_n.jpg
th_th_12341637_913266248749820_4521019384009049834_n.jpg
こんなタイヤ、無理だな…
th_th_12359927_913266358749809_3442137944237674368_n.jpg
意外な難所となったログプール
th_th_12341098_913266505416461_1286857890133311179_n.jpg
th_th_12346419_913268062082972_4913570681998290528_n.jpg
th_th_12346354_913266565416455_1705592838497178705_n.jpg
th_th_12299234_913268502082928_4861065426733473331_n.jpg
いやーエンデューロクロスって楽しいですね〜。見てる分には…www

いろんなバイクに乗って、レース観戦も楽しんで、仲間達と一日楽しく過ごして、走行料は普段のフリー走行と同じ3000円とは、なんともお得なイベントでした!
th_th_IMG_7236.jpg
th_th_IMG_7238.jpg

JUGEMテーマ:車/バイク
| オフロードバイク 雑記 | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
12/6は 2016エンデューロバイク大試乗会 …エクストリームエキシビジョンレースもあるよ!
来たる12月6日(Sun)、成田MXパークにて、2016エンデューロバイク大試乗会が行われます。

すでに試乗会の参加申し込みは閉め切られております(場内の駐車場が既にいっぱいいっぱいだそうです)が、お昼休みに行われる【2015エクストリームエキシビジョンレース】には、鈴木健二選手、渡會修也選手、小菅浩二選手、大川原潤選手、和泉拓選手、栗田武選手、小菅泰輝選手、石戸谷蓮選手ら、名だたるエンデューロライダーが参加します。

そこで、このレースの見学・観戦だけのかたでも来場いただけるように、IAワタライさん他有志の皆さんが、急遽「臨時駐車所」を開拓してくださったそうです!一流エンデューロライダーの走りを間近で見れるチャンスですよ。

6日の成田MXパークでのJEC2016モデル大試乗会の臨時駐車場です。参加者駐車場は満車の見込みです。見学・観戦の人はここに車を停めてください。 コースまであとわずか、倉庫のような建物のすぐ横の細い道...

Posted by 渡會 修也 on 2015年12月2日

なお、ほんの余談ではありますが、フェアルさんのチャンバー修理ジグのセットを成田に持っていきます。実物を見たい人は声をかけてくださいね。KTM125/150/200/250SX&EXCのチャンバーの凹みならその場で治せるかもしれません。そのほかの車種のチャンバーも、形状や径によってできる場合もあります。…凹んだチャンバーが手元にある人は、試しに持ってきてみても良くってよ!w どんな道具か、どんな風に作業するのか、興味がある人が見るのも触るのもタダですが(笑)もし、持ち込んだチャンバーを修理する場合は、お友達のチャンバーでも、あえて有料です。収益が出たら、それを38cさん応援基金に回します…と思ってるんですが、クラウドファウンディングは今日で終わっちゃうんですよね。まあ、なんかの方法でお渡しできると良いのですが。 なお、すでに参加表明いただいている共同所有メンバーは、一回ぽっきり5000円の会費だけでずっと修理できます。
 
JUGEMテーマ:車/バイク
| オフロードバイク 雑記 | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
FMX全日本チャンピオンシップ "GO BIG" 2015 FINAL ROUND!!
11/29(日)

関東初開催の"GO BIG!" フリースタイルモトクロスの全日本選手権の最終戦が、うちからバイクで40分足らずで行けるオフビでやるとなれば、行かない訳には行かないでしょ〜!
おさるちゃんべこちゃんみっちゃんの仲良し三人組と一緒に観戦するYO!

三人とも、始まる前からテンション高いYO!


FMX用のバイクの展示

シートがつかみやすいようにエアクリーナーボックスの左右に穴が開けてあったり、ハンドルに足を引っかける器具(なんていうの)がついていたり。

べこちゃんがテツさんのお土産に買った、FMX -You know me?
1000円だったから僕も買えば良かったな〜


写真じゃ伝わらないかなあ…動画にすれば良かったかな。
(クリックで拡大画像が開きます)






とにかくすごいんです。最前列で見れて、大興奮です。

FMXキッズのデモンストレーション!かわいかっこよかった〜!

ちいさいけど、ちゃんと手を挙げて観客をあおったりして、立派にFMXライダー!

先日のナイトロサーカスもすごかったけど、日本のFMXもすごいんです。
世界レベルにまったく負けていません。




そして、年間チャンプは釘村選手に決定。

サイン会もあって


朝から夕方まで、退屈してる暇なんかない大満足の一日!

せっかくこんなすごいイベントが関東でやるのだから、来年はもっとたくさんの人に見てほしい。
入場料も前売り3500円当日4000円と安いしね。
とはいえ、なみあいのエンデューロは僕も見たかった…楽しいイベントって重なっちゃうんだよね。

オマケ:You Tubeで見つけた動画をお借りして、貼らせていただきます。

ウイップコンテスト

最後に行われた"トレイン"


JUGEMテーマ:車/バイク
| オフロードバイク 雑記 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
トラ車をドナドナ
久々に乗ろうと引っ張りだしたガスガスTXT-PROのクラッチがスカスカで、5000円以上もするマスターシリンダーの部品とレリーズのOリングを交換。


しかし、それでも治らない…というか、パーツ交換に伴って全量抜けてしまったクラッチフルードのエアが抜けない。

めったに乗らないバイクの整備に、これ以上無駄に時間を取られるのが嫌になった。時間は限られてるのに、なんだかもったいない。こんなことしてる暇があったらKTMで練習したほうが良いな。

ということで

整備不良のまま、部品取り車やスペアパーツもつけて、安値でドナドナしました。

またいつか練習のためのトラ車は欲しいけど、その時はもう少し新しいものにしよう。
| オフロードバイク 雑記 | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
進化したガソリン混合容器
蛇腹が切れたらお取り替え、のガソリン混合容器を新調しました。

ホームセンターで850円程度で買えます。
バイク用品だと、同じものがこんな値段です。
キジマ(KIJIMA) ポリミックスタンク 5000㏄  …3000円以上とは、ちょっとびっくりですよね。

さて、今回買ったものは、前回買ったものと同じBOLLというブランドのものなのですが、新型になっていて仕様がだいぶ変わっていました。

一番大きな違いとしては、給油ホースが太いことですね。

1.5倍以上太くなっています。

口径もこのとおり。

エンデューロレースではこの容器をレース中の給油にも使用するのですが、ホースがこれだけ太くなると、給油の速度がアップします。試しにバイクのタンクに入れてみたところ、給油口への差し込みが浅いと勢いあまってこぼれてしまいそうなほどの流量。本物のクイックチャージャーとは比べるべくもありませんが、僕レベルだと十分にクイックチャージャーと呼んでも差し支えないレベルのものでした。

ここのキャップも、大きく、また八角形でつかみやすく、まわしやすくなっています。

給油の際に、エアの取り込み口として緩めるキャップなので、これもありがたいですね。

もしかしてバイク用品屋さんから要望があったのか?(笑)と思われるほどの好ましい仕様変更に思わずニンマリ。
たった800円ほどの混合容器ですが、なんだか嬉しくなりました。
 
JUGEMテーマ:車/バイク
| オフロードバイク 雑記 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
10月9日 セローの仲人
バイク友達のM本さんのお友達が、セロー225を手放したいとのこと。
20年前の車両ですから、経年劣化でスポークや金属パーツの腐食、ゴムパーツやプラスチックパーツの劣化は見られますが、4JGセローで外装は綺麗、走行距離5000キロ足らず。距離を走っていない元気なエンジンが魅力的です。

一方で、別のお友達のMグちゃんが、セロー225のエンジンが壊れてしまい、困っているとの事。

これは…!
ということで、売りたいセローをミサイルファクトリーさんまで運んで

NおくんMグちゃんに見てもらったところ

めでたくその場でお見合い成立となりました(∩∀`*)

後日、Mグちゃんが乗っていたセローのパーツが移植され…

愛着のあるセローの姿になったようです。

…綺麗すぎる外装は、投げるにはもったいないもんね(。>∀<。)


翌週のツーリングに間に合って良かったね。僕はどうやら基本的にお節介なので、時にウザいかも知れませんが、たまには友達のお役に立てたかな。
| オフロードバイク 雑記 | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
第26回 八坂オフロードミーティングに参加
8/22(土・前夜祭)〜8/24(日・本番)

八坂オフロードミーティングに参加してきました。

昨年が初参加で、雨の最あ…とても楽しいコンディションでした。
→昨年のレポはこちら

今年は天気に恵まれました。

前夜祭はまた、来られなかったギタリストさん?の代わりにギター弾いたんですが、来年はギターは弾きません、と先にいっとかなくちゃ(笑)あれやってると、食べれない、吞めない、話せないので…!誰か他にも、弾く人いるでしょう。なおとくんとか、なおくんとか、な○くんとか(^^)

今年はkikiさんが走らなかったので、その分たくさん写真を撮ってくれてました。

初参加ののぞみちゃんと、完走を目指すまくちゃん

のぞみちゃんは、怪我する前に辞めました〜と余裕のリタイヤ。
まくちゃんは痛恨のミスコース…二人とも、来年こそ完走だね。

初参加で見事 Lクラス三位で入賞した、みちゅさん


初参加のなおとくん。dmkさんは二度目だそうです。
ふたりでリザルト並んでて、仲良しだな(笑)

なおとくんはパンクしてなければ、Cクラスで入賞できたはず!来年リベンジですね。

マシントラブルを言い訳?にリタイヤしたイマッポwと、今年は夫婦で一周ずつ走れたユウパパさん

ゆうぱぱさんとモチテルさんペアは来年こそ完走かな?

最後の一周は、くっしーさんとお友達バトルをしながら、一緒に完走しました。

仲間内でのバトルは、とても燃えますね〜。めちゃめちゃ楽しかったです。
くっしーさんも来年はBクラス入賞間違いなしですね。


自分なりに頑張って走ったので、内心ではちょっとだけリザルトにも期待してたりして。

走り終わった後のカレーがまた最高に美味しいんですよね。


で、リザルトです。(クリックで拡大)


僕はKTM125EXCなのでBクラスです。そして、Bクラス3位の入賞をいただきましたd(ゝ∀・*) やったー

アルペンホルンのファンファーレが心に染みます…(笑)

ちなみに昨年のBクラスはあるみーさん、よねさん、あきさん(3人ともレーサーの2スト125ですね)が123です。
これらの速い人たちが、今年からEクラスに行ってくれたので、僕にも入賞チャンスが回って来たんですんね。

八坂って、クラス分けが特殊なんですよね。レーサーや市販車の区別はなく、排気量だけでクラス分けしているんです。


Lクラス:レディース(排気量オープン)
Aクラス:50cc
Bクラス:2st 50cc 〜 125cc 4st 50cc 〜 230cc
Cクラス:2st 126cc以上 4st 230cc以上
Eクラス:排気量オープン(2014年〜親設クラス)
八坂オフロードミーティング B C クラスで入賞経験者
他の大会などでの入賞経験者
自分は上級者であると自負する方、またはEクラスにチャレンジしたい方

Eクラスでの出走者は以後、他のクラスへの変更は基本的に認めません。



恒例のじゃんけん大会では、今年も全然勝てなくて、野菜がいただけず…



でもこうして、お友達が勝ち取った野菜を分けていただけました。ありがとうございます!

入賞できたのは嬉しいのですが、これで、僕も来年はKTMで行くのであれば、Cクラスには出られないんです。その場合にはEクラスでエントリーしなくてはいけません。もしセロー225で出る のであれば、Bクラスでエントリーさせていただけそうですが、来年はkikiさんもまた走るかもしれないですしね。あるいは、CRF250LでCクラスに出るというのも面白そうではあります。というのは、WR250Rでの参加者は数名いらっしゃったのに、CRF250Lの参加者はいなかったんです。…なんだか不憫ですよね、CRF250L。オフローダーにそんなに人気がないのかと。だったら、敢えて僕がこれで八坂に出てやろうかとも思う訳です。さほど速く走れる気はしませんが、雨でなければ一応、完走はできるでしょう。雨でなければ…ね。

「Eクラスでの出走者は以後、他のクラスへの変更は 基本的に認めません。」というルールもあるので、CRF+Cクラスでしばらく遊んでみようかな?今の僕+重いCRFでは、Cクラスでは到底入賞はできませんから、当面Cクラスで遊べるでしょう。でも、毎年入賞者のうち少なくとも6〜12名ずつEクラスに昇格してしまうのであれば、そのうちCの上の人たちは全員Eクラスに行っちゃいますから、そしたら僕+重いCRFでもCクラスで入賞できる日が来るかもしれません。そのころには、参加者の半分くらいの人がEクラスになっているはずです(笑)

とまあ、今から来年のことを考えてしまうほど、八坂オフロードミーティングは楽しいイベントだということです。きっと来年も参加することでしょう。

JUGEMテーマ:車/バイク



| オフロードバイク 雑記 | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
トレックフィールドさん初訪問 〜 クロカントライアル(R135)初参加!
トレックフィールドさん主催のツートラ的イベント「クロカントライアル」には以前から興味があったのですが、所沢から仙台は少々遠いので、なかなか参加できずにおりました。今回の「クロカントライアル R135」は、開催日程がY2XC-R3の翌日(7/20祝日)だったので、これはチャンス!と思い、参加させていただくことにしました。

Y2が終わってからいつもより急いで撤収し、さっと短時間でお風呂に入って、同じくクロカン初参加のよねさんと一緒にトレックフィールドさんを目指します。

チーズナッツパークからトレックフィールドさんは、国見ICまで下道、国見IC〜仙台南ICのみ東北自動車道(高速代1020円だったかな)というルートで、およそ二時間半。

ウエストバッグやツール巻き、カードホルダーなどのトレックフィールド製品をいつも使わせて頂いているのですが、これまでは通販でしか買い物をしたことがなかったのです。今回ついに、念願の初訪問を果たしました。
th2_IMG_4288.jpg

お店のアイドルわんわんがお出迎え(^^)
th2_IMG_4293.jpg

オフローダーの痒いところに手が届く品揃えで、見てるとあれもこれも欲しくなってキケンです。

僕がこの日購入したのは、エアポンプと「噛まないタイヤレバー」(刻印が入った最新バージョン)、他、細かいものを少々。

よねさんは、トラブーツ、ウエストバッグ、ゴーグルにつけるフェイスマスク…とたくさん買い物をして、平谷に向けて準備万端整えてました。やるなー

おまけで頂いたDVD ふふふ。ちょうど「ハシレヒメマル」のころですね!

これは酒の肴にぴったりですね(笑)

ここらでは有名らしい、変な中華料理屋で晩ご飯を食べてから、
th2_IMG_4308.jpg
デポ地で少しだけ吞んで、早めに寝ました。

そして 迎えた、クロカン当日の朝。
よねさんも僕も六時には起きて、整備や着替えをしました。

よねさんは、おニューのトライアルブーツ!

「いやートラブーツ軽い!軽いな!」とご満悦のご様子。


八時半にスタート場所に集合です。デポ地からここまでは五分もかかりませんでした。
th2_IMG_4326.jpg
いろんなバイクがいますね〜。やはり、この手の遊びだとセロー率が高いです。

ブリーフィングです。
クロカンの競技規則の説明ではなく(それは事前に、各自が規約をよーく読んで来てくださいということになっています)、みんなで楽しく安全に、そしてはぐれないように走るためのルールが説明されてます。
th2_IMG_4328.jpg

クロカントライアルとは、いわゆる「ツーリングトライアル」的な遊びなんですが、行く先々にトライアルセクションがあるのではなく、行く先々でトライアルセクションが「その場で出題」されます。とれっくとーちゃんがばらまく赤・青のカードによって、その場その場でセクションが作られるのです。もちろん、事前の下見でだいたいこんなセクションにしようというイメージはとれっくとーちゃんの頭の中でできているのでしょうけど、その日の路面コンディション、あるいは参加者のレベル等に応じて、臨機応変につくっているのでしょう。

トライアルのルールは、クロカンオリジナルルールです。

足つきトライアルだけど、通常トライアルルールの3点に相当する(何回足ついても…)のが4点。
トライアルルールの概ね5点に相当する(三回以上エンスト、コースアウト、タイムオーバーなど、該当セクション失格)のが10点で、その間に「エンスト(2回まで)しても、降りて押してでも、自力でセクションアウトできればOK」の5点があります。
ヒルクライムでバックして転倒すると5点加算、谷側にバイク倒すと5点加算などの特別減点もあります。
ほか、細かいルールもいろいろあるけど、それらは「みんなで楽しく遊ぶために気をつけるべきこと」みたいな条項ですね。

さて、いよいよクロカンR135がスタートしました。しかしよく考えたら、R135ってすごいですよね。135回目ですよ。

走り出してほんの10分ほど。はやくも河原でセクションがつくられはじめました。
■セクション1緩い下り〜平坦〜木の根でターン〜緩い上り〜ターンして上り

さて、さっそくここで僕は苦労してます。
最後の上りのセクションアウトで、登りきれずにひっかかっちゃいました。(写真頂きました、ありがとうございます)
th2_DSC01776.jpg
実はクロカンルールについての勉強不足、勘違いがありました。
「バックしたらダメ」だと勘違いしていて、この位置からもがいて上がろうとしてたのです。「下がってもいいんだよ」と言われて下がってやり直したのですが、時間内に脱出できずに、さっそく10点を頂いてしまいました。

クロカンのルールでは、バックしてもいいんです。
またがったままバックなら最大4点、降りてバックしても5点です。やれやれ…

■セクション2上り緩い下り(丸太超え)〜右タイトターン〜ターン〜緩い上り(丸太超え)上り〜ターン〜下り 

ここのセクションは面白かったんですが、残念ながら写真がありません。
「右タイトターン」で、敢えて足を付いて、細かい前進後退の繰り返してハンドルを切りながらうまく切り返して脱出するのが「出題者の意図」だったらしいのですが、とれっくとーちゃんが見本を見せてくれた通りに切り返しを試みたら、また時間内に脱出できずに、二度目の10点をくらってしまいました。実をいいますと、切り返している間にセクションの時間制限のことをすっかり忘れていました…。

■セクション3平坦(ガレ)〜ターン(下り)〜沢(ガレ)

シンプルなセクションです。
が、ガレとガレの間をつなぐ短い下りの部分で、足を付かずにクリアするのはちょっと難しいです。
th2_IMG_4330.jpg
僕は、下りのターンを場所を少し通り過ぎてしまいそうになり、バイクを下げながらの切り返してたくさん足をついてしまったので、四点になりました。しかしながら、二セクション連続で「タイムオーバー10点」を頂いていたので、ようやく時間内に脱出できて、ほっとしました。

ごろごろ石のガレ場なので、ちょっとしたミスで転ぶ人もいました。

th2_IMG_4333.jpg

よねさん、調子いいですね〜。トライアル的な遊びはあまりしてないといいつつ、そういう乗り方もうまいんですね。
th2_IMG_4348.jpg

これは「おひさま」さん。
…参加者のうち数名は、「あんぽんたんライン(わざと変なラインに行く)」にいくことを楽しみにしているようです(笑)
th2_IMG_4335.jpg
th2_IMG_4337.jpg

■セクション4ターン〜上り緩い上り〜ターン〜緩い下りターン〜下り

ちょっとスリッピーな最初の上りの頂点あたりと、最後の下りのターンでどうしても足が出てしまいがちなセクション。
th2_IMG_4365.jpg
僕はこのセクションでは、木のつるにハンドルがひっかかって転倒(^^; 5点…。
まあ、10点じゃないだけ良しとしますが、なんか悔しい…。
th2_IMG_4364.jpg

KLXの敬太さん、ただ一人だけこのセクションでクリーンを決めてのガッツポーズです(^^)お見事!
th2_IMG_4368.jpg

■セクション5下り〜 〜ターン(動く木っ端踏みつつ)〜上り緩い上り上り〜ターン

セクション出口前の二段目の上り坂の方がややきついんですが、身体が遅れなければどうってことはないレベル。
th2_IMG_4373.jpg

こういうところは得意なつもりでセクションインしたのですが…
th2_DSC01803.jpg
最初の下りはうまく下ったものの、坂の下で動く木っ端を踏んで体制を崩し、崩した体勢で、あまり良くないラインのまま、一段目の坂を上ろうとして失敗、転倒しちゃいました。リカバリーに手間取ってまたもタイムオーバー10点!
なぜ、足をついてでもバックしてでも、体制を整えてから上りに挑まなかったのか…悔やまれます。

このセクションでは、赤カードと青カードの隙間をぬって、とんでもないラインを走って遊んでいる人もいました。…「脱獄ライン」というそうです(笑)


■セクション6下り緩い下り〜ターン〜緩い上り上り

残念ながら写真なし。ウッズの中につくられたシンプルなセクションでした。
左ターンでチョンチョンと足が出てしまい、三点。堪え性がないなー。
ここではヨネさんが見事、ひとりだけクリーンを出しました。

このあとの移動では、とっても楽しい藪漕ぎや沢走りなどがありました。


暑い!暑いけど、楽しい!

■セクション7緩い上り(つづら折り)長くやや急な上り

最後のセクションは、見晴らしの良い山頂へ向かって登る、ダイナミックなセクション!
ひゃっはーって感じです
th2_IMG_4379.jpg
最後の上りがきつめで、路面がフカフカ。
th2_IMG_4388.jpg
一度停まると再発進が難しい坂です。
こういう上りは得意なんですが、手前のつづら折りでのターンで足をちょんちょん付いてしまって4点でした。

山頂にたどり着いた人だけが見られる、すばらしい眺め。
th2_IMG_4391.jpg
山頂にて、全員(マシントラブルでリタイヤされた人を除く…)で集合写真を撮りました。
th2_DSC01856.jpg

このあとの移動の林道も、すっごく楽しかったですね。

コンビニの裏手の駐車場にたどりつき、表彰式です。
th2_IMG_4394.jpg
初参加のよねさん、見事四位入賞でした。やるなあ〜。
th2_IMG_4396.jpg
僕は…10点量産で、ビリから2番目…いわゆるブービー賞ですね(^^;

ご褒美にミニストップのソフトクリームを食べて、これにてお開きです。
th2_IMG_4397.jpg

解散したミニストップから600m走った地点で、トリップメーター333333になったセローを停めて、写真を撮っていたら…
th2_IMG_4402.jpg
あとからきた「おひさま」さんが停まって、「なにかありましたか?」と、声をかけてくれました。
お気遣いありがとうございます。
th2_IMG_4404.jpg
お疲れさまでした!

「クロカンのためにわざわざ仙台にいく」だけの価値が十分にある、とても楽しくてためになるイベントでした。
次回もぜひ参加したいですね。次回もセローにするか、それともKTMで参加しようか?などと、今からあれこれ考えています。
次回の目標はもう決まっていて、「とにかく10点を出さない」です。クリーンはなかなか出せなくても、3〜4点でまとめて、最悪でも5点で脱出するのがさしあたっての目標。「タイムオーバー」は要注意です。

いやー。暑かったけど、ほんとに一日楽しかった!
とれっくとーちゃん、またサポート及び参加者のみなさん、ありがとうございました!

JUGEMテーマ:車/バイク
| オフロードバイク 雑記 | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
5月10日、デコボコランド最後の日
いよいよこの日になってしまいました。







歴代デコボコフレンズの皆さんや、一般のデコボコランドファンで今日も満杯です。








コース走行の最後に、稲村さんのチェッカーフラッグで少し泣いて。

デコフレさんたちのパレードラン、ハイタッチゴールで、また泣いて。






ステキなオフロードライダーやそのファミリーが集う、とても大切な場所でした。

稲村さんとデコボコランド、そしてデコボコランドを愛したすべての人達に…ありがとうございました。

We never forget Dekoboko Land!

…俺たちの走りは続いていくわけだからね(by テツさん)



| オフロードバイク 雑記 | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
<< | 2/41PAGES | >> || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE