<< | 2/253PAGES | >> || TOP
6/3 日野カントリー練習

6月3日(土)

日野カントリーオフロードランドで、練習会です。

主な目的は、次の日に出る「泥んこ走行会」のために整備したセローの試運転と…

そのセローを、チームを組んでいただくOkimamaさんに乗っていただく事。

午前中乗っていただきましたが、やはりトライアル車に比べると重い!と…そりゃそうですよね。

午前は、集合時間がバラバラになったのでそれぞれ別行動に。僕は小林さんとミディアムクラス+ハードクラスのコースの一部をほぼ二周(途中でなおとくんと合流)しました。

 

午後は、石川さん(セローおじさん)の先導で、沖ママさん(トラ車に乗り換え)、小林さん(フリーライド350)、尚人くん(KTM250EXC)、いまっぽ(YZ250)、僕、松本さん(ガスガスEC250)で、ハードクラス(ダートフリークヒル以外)を回りました。

三本ヒルの1番左ラインに四回チャレンジしたけど玉砕。こんなベスコンで登れないなんて下手すぎる…。セローおじさん、尚人くん、小林さん、沖ママさん(トラ車)はみなさん楽々登頂…。ミジメですな。練習するしかないね。

 

ハードクラスの沢を走ったのは初めてでした。レースで使用した時より、だいぶ簡単になったようです。

 

さて、このメンバーでハードコースを回って二時間以上。四時に戻ってきて、今日は終わりかなと思いきや、石川さんと沖ママさん(トライアルIBペア)でハードコースをもう一周するって。…暗くなると思ったのに、サクッと帰ってきましたよ。この二人だとたったの30分で一周しちゃうんですよ!凄すぎる…

 

僕と尚人君と小林さんも、僕が落としたゴーグルを探しつつ、なんだかんだ脇道に入りながら、1/3周ほどは探索しましたので、洗車が終わって積み込みをして撤収したのは、もう六時近かったでしょうか。

 

 

帰宅して、風呂に入ってパスタをつくってワインを飲んだら眠くなっちゃいまして…

翌日の泥んこ走行会の用意もまだ出来てないんだけど、早めに寝てしまいました。

| - | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
セロー二号機 整備記録

6月4日にハイブリッドさん主催の「泥んこ走行会」に,セロー二号機で出る事になったので、気になるところを整備しました。

 

まず、どうも効きが悪いフロントブレーキを整備する事にしました。

キャリパーを分解清掃

キャリパーのシールを交換

マスターシリンダーのピストンとダイヤフラムも交換

ブレーキホースをステンメッシュに交換

これでばっちりブレーキが効くようになるかと思いきや、そうでもなく…

どうも、パッドが油分を吸ってしまっているようです。

手持ちに新品パッドがあったので交換すると、効くようになりました。もしかしたら、キャリパーやマスターシリンダーのオーバーホールまでは必要なかったのかも。しかしながらいずれはやることになる整備なので、早めにやっておいたと思う事にします。

なお、油分を吸ったブレーキパッドは、ガスバーナーで油分を焼くと再利用できる場合があるそうですので、それはそれで後日時間があるときに試してみます。

 

昨年Y2を走った際に、手首が返るほどにスロットルを開けないと全開に出来なかったので、一号機と同様のYZ85用スロットル&ワイヤに変更し、ハイスロにしました。

それに伴い、グリップゴムを新調

 

軽快なハンドリングと軽量化を狙ってオープンエンドガードにしているので、レバーを可倒式に交換しました。

バッテリはもちろん軽量なリチウム。補充電しておきました。

シートが滑りやすい素材だったので、滑りにくいカバーに張り替えました。

 

セローおじさんこと石川さんに「カモシカマークがないとセローじゃない」って言われたので

ステッカーをつくって貼りました。

あまり耐久性はありませんが、プリンタで作れるので時々張り替えるという事でOKです。

 

もちろん、エンジンオイルも交換しました。

とりあえずこれで、Ready to Race な状態になりました♪

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク SEROW | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
5/27-28 日野カントリー練習 & トライアル世界選手権観戦

5/27(土)

島崎夫妻と日野カントリーオフロードランドへ練習に行きました。

この日は、お客さんは全部で10人くらいかな?少なかったですね。
 

プチモンでトラブルを起こしたキックペダルを新調。

純正を買いましたが、少し安い社外品を後で見つけてしまいました…。

 

しかし、マシントラブルは続くもので、ラジエターからの液漏れを発見。

ラジエター裏に配したリザーバータンクの位置がずれてラジエターにあたっていて、振動でアルミに穴をあけてしまったようです。

これは自分の整備ミスというか、リザーバータンクの配置ミスですね…。

 

せっかく日野まで来て走れないのも嫌なので…エポキシパテで補修を試みました。

しかし、残念ながら、この応急処置では完全には水漏れは止まらず。じわじわと滲んできます。

そこで、ウエストバッグに2Lのペットボトルを入れて、時々水を足しながら走る事にしました。

2Lのペットボトルがすっぽり入る、トレックフィールドさんのウエストバッグってすごいよね。

 

この日は好天でしたが、路面はかなりちゅるちゅるで苦労しました。

ぴらふ返しは登りやすくなったものの、その直後の根っこ登りがかなり滑って、なかなか登れないコンディション。

いい練習になりました。

 

練習の最後に、MXコースでタイム計測。

一周あたりで姫丸さんより20秒遅い(2分50秒と3分10秒)という体たらく。一秒、二秒をつめるのが結構大変なのに、その差が20秒ですよ。なにが全日本ナショナルクラスやねん、こんな遅いのに恥ずかしくて、JEC全日本富山なんか出れるか〜っていう気持ちになり、今回はエントリーしないことにしました。

 

実は今年のJEC全日本大会は、ナショナルクラスの20位以内でポイントを得たら来年はNA(ナショナルAクラス)が確定なのです。でも、参加しても今の僕ではどうにもならないよっていう気持ちがあったので、それがはっきりしたというだけなんですけれどね。姫丸さんはきっと富山で決めてくると思います!今からライブリザルトを見るのが楽しみだな。

 

日野でブーツが壊れたので、今回はエントリーフィーと交通費を節約してブーツ代を捻出し、新しいブーツを買って、もっと練習して出直します。JEC東日本シリーズ日野大会に向けて、少しでも速くなれますように。

 

日野カンの後は、お久しぶりのつるさんちへ移動。

おいしいご飯と、かわいいにゃんずに癒されました〜




 

5/28(日)

つるさん夫妻と茂木へ。

トライアル世界選手権の観戦です。

 

前日は三位だったフジガス、さて今日はどうなるか…?

前日は雨でチュルチュルのコンディションだったそうですが、そんなときでもToni Bouは安定した強さなんですねえ。

 

この日は好天で、コンディションはすっかり回復していたようです。

第七セクションがかなり面白かったですね。

Bouもフジガスも五点を出してしまう難セクションでした。

最終15セクションも見応えがありました。

 

藤波選手は残念ながら表彰台を逃しました…

 

帰路に、つるさんの案内で真岡の「ハヤフネ」へ。

汁なし坦々麺を食べてから帰路につきました。

辛かったけど美味しかったー!癖になる味です。(´∀`)



ラジエター水漏れの後日談。

新品ラジエターはなかなか手が出ないお値段ですので


J-Bウエルド オートウェルド 超強力接着剤というのを使用して、補修してみました。

その結果、ばっちり水漏れが止まりました。翌週、日野の山中でキャップから蒸気を噴きそうなほど負荷がかかる走行もしましたが、この部分からクーラントが漏れる事はありませんでした。これはかなり使えますね!

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク 雑記 | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
久しぶりの林道ツーリング
先週末の土曜日は、セローとCRFの前後タイヤ交換などの整備をして、翌日の日曜日は久しぶりにkikiさんと二人でツーリングに行きました。

まずは手漉き和紙の工房を訪ねて

それからフラット林道ツーリングへ



林道の途中でうどんを食べて


また林道走って




最後は天然氷のフワフワカキ氷を食べて


お風呂に入って、トランポでのんびり帰りました。
楽しい休日でした(´∀`)
| オフロードバイク ツーリング | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
プチモン2017 at チーズナッツパーク に参加

先週末は、プチモンに参加してきました。

事前に「自主的にチャレンジクラス!迂回路行かないぜ!」なんて宣言してみたものの…

 

前日昼頃到着したら、完全に雨模様。

 

ADTacさんのライディングスクール「トラクション編」を受講。

スクールはとってもためになりました。

 

が…雨はあがらず…

「迂回しない宣言」は謹んで撤回させていただきました。

こんなコンディションでは到底無理ですから!

 

そして、夜が明けて。

とりあえず、雨はあがっていました。

気温高めで風もあって、路面の回復が早そうな予感です。

大丈夫です、コースカットなしで行きますとのこと。マジですか!

 

さて、こちらがコース図です。クリックで拡大します。

予定では、一周目はすべてチャレンジコースには行かず迂回で一周回って、二周目から順番にチャレンジコースのセクションにアタックしていくつもりでした。

 

しかし、一周目の【4】カエル谷が大渋滞していたので、ただ待っているのももったいないな、ということで、チャレンジコースの【3】カエル谷(トライアルセクション)へ。ここは、タイヤとTUBLISSのおかげで特に問題なくクリア。

 

その後、隣の御柱、山ブドウは迂回した後に、【9】ポッコン山上にて再び迂回路が渋滞気味だったので、【9】ポッコン山上へトライ。つっかえながらもなんとか登頂し、そのまま【10】亀九郎沢へ。10〜11は半分くらいマシンから降りて押していたような気もしますが、ともあれ、なんとか一周をクリア。

 

一周目でチャレンジセクションをいくつかクリアする事ができたので、二周目で残りのセクションもすべて攻略するつもりで、二周目のスタート。

 

前日スクールでは到底登れる気がしなかった【1】小手調べは、左のほうがかなりイージーラインになっていたため、思ったより簡単に登る事ができました。

 

問題は、【2】ヒル・アンドン ここは、数年前のモンスクでなかなか登れず、最後はコテツさんとふたりでひっぱりあげた思い出のあるロングヒルクライム。しかし、路面のコンディションはかなり回復してきているらしく、しばらく下で見ていると、チャレンジした人の八割くらいは問題なく登頂している様子。

張り付きのスタッフさんに、右のラインと左のライン、どっちがいいですかと尋ねると、左は登り始めて少しのところで一度ポコってなってて跳ねるが、そこをうまく超えられたらその後は上までまっすぐ登れるライン、右は下の方はフラットだが、上の方で分岐があるライン、ということでした。下から見上げるだけでは、右側のラインの上の方の分岐は見えないので、そこに下見なしでつっこんで行くよりは、左のラインに行く方が成功率は高いだろう…と判断。覚悟を決めて、二速半クラからアクセル全開でスタートし、あ、このコブか、というところで、前日にTacさんに教えていただいた通りに、ほんの一瞬スロットルを緩めて抜重してから、コブの向こう側で再度アクセルオン…。気がついたら、尾根まで登れていました。思わず、やった!一発登頂!と独り言。

 

【3】カエル谷(トライアルセクション)はさっきより掘れていたけど特に問題なく通過。

 

【6】隣の御柱 では、たくみさんとピカちゃんが、男汁ステッカーを持って待ち構えていました。彼らに助けられると、強制的に男汁ステッカーが貼られる仕組みです(笑)ここは、とりあえずギャーっと上までは登ったんですが、左に方向転換するところがうまくいかず、ギャラリーのかたに方向転換を手伝っていただいちゃいました。すみません…

そしてここはむしろ、その後の下りの方が怖かった…ほとんど押して降りる羽目に。こういう下りをもっと練習しないとだめですね。

 

隣の御柱の後のヒルクライム(特に名前なし)で一回失敗、もう一度挑戦して登り、ここで姫丸さんに追いつかれたんだけどおそらく三周目だったんじゃないかな。やっぱりすごいですね姫丸さんは。

 

【9】ポッコン山上【10】亀久郎沢 は一周目で通過しておいたので、未踏襲のチャレンジセクションは残すところ【7】山ブドウのみ。しかし、【7】へ向かう途中でマシンに異変が起こりました。

キックが…

戻りません。

バイクを傍らに止め、持っていた工具でキックをはずして、付け直してみましたが、やはり一けりで戻らなくなります。

アルミ製のキック側のセレーション(ギザギザ)が舐めてしまったのです。

二周目の途中、チャレンジセクションをひとつ残して、今年のプチモンは終了…。

あとちょっとで全セクション通過だったのに、無念です。

普段は125にセルなんかいらないって言ってますが、このときばかりは、ああ、セルさえあればな…とちょっと思ってしまいました。

 

しかし、整備不良でのリタイヤというのは、すべて自分のせいです。非常に恥ずべきことですね。

 

たくみさんやぴかちゃんに助けられた訳じゃないのに…

出走前に、ぴかちゃんに貼られました。

姫丸さんと前のめりステッカーを隠しつつ、めっちゃ雑な感じですw

ま、あとで姫丸さん救出のために、剥がして貼り直しましたけどね。

 

ブーツもご臨終…残念です。

新品をおろしたのが2014年12月末でしたので、二年と四ヶ月ほどの寿命でした。

とりあえず、自力でできる範囲で補修して予備ブーツとして使えるようにはしようと思いますが、あちこち痛んでいるので、新しいブーツを買わなければなりませんね。

 

 

チーズナッツスタッフやADTacさん、楽しいレースをありがとうございました!

参加のみなさんも、ありがとうございました!

それにしても、姫丸さんの六周は凄い。

うち四周はほぼチャレンジと同じルートを走って、プラス迂回付きの2周だからなあ。

 

来年こそは全セクション…と思ったら

来年はプチじゃない本気のモンスク開催だそうです。ああ、僕ごときだと一周できないやつだ…

プチじゃないので、来年も参加するかどうかはまだ未定です。(笑)

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク レース | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
撤回(笑 プチモンスク

いきなり前言撤回!
昨日ちょっと走ったら全然無理でしたので、あちこち迂回しながら楽しみます!(∩∀`*)すみません!
| オフロードバイク レース | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
週末はプチモンスク「自主チャレンジクラス」

今週末はチーズナッツパークでプチモンスクです。Y2R1を欠席したので、今年初めてのチーズナッツパーク訪問です。

クラスはエンジョイ、つまり迂回OKクラスでエントリーしちゃってるけど、退路を断つために先に宣言しておきますと、すべて迂回にいかずにチャレンジルートに挑戦します。どうにも登れない坂があっても迂回しません!と言っちゃいます。つまり、「自主チャレンジクラス」です。きっとこう書いておけば、姫丸さんや星野さんやしるこりんなんかも一緒に自主チャレンジクラスで遊んでくれるはずです(笑)

 

とりあえずマシンは、通常整備(オイル交換エアクリーナー交換等)に加えて、壊れたハンドガードを交換、ひっかかりがあるスロットルワイヤを交換、ゼッケンを白ベースにして、フロントスプロケットを13→12に変更、カウンターシャフトのシール交換、シートを姫丸さん風段付きシートにプチ加工(詰め物しただけ)…などが完了。タイヤはJEC勝沼で前後新品にしたのでそのままで。リアはAT81EXとTUBLISSで、エア抜き抜きで行きます。

 

あと、アンダーガードをアルミに交換(沢が岩だらけだった記憶あり)して、ラジエターキャップを新品に交換(ヘタって噴きやすくなっている)したら一応完成。

 

天気が悪いらしいのですが…どうか、なんとか一周できますように!

 

 

| - | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
父との思い出 最後に一緒に歌った日
父は歌が好きで、京都大学在学中は合唱団でテナーを、また、定年後は市民合唱団でテナーを歌っていた。ぼくが父と一緒に最後に歌ったのは、弟の結婚式で、父が歌っているオーソレミオーに、酔っ払って乱入したときだった。僕はどうにも酔っ払って、弟夫妻にもお友達にもひどく迷惑をかけてしまって、それは今思い出しても恥ずかしいのだけど、あのとき父と歌えて嬉しかったことは覚えている。自分の結婚式で、自分はたくさん歌ったのに、なぜ父に歌ってもらわなかっのだろう。舞子ビラでの親戚の集まりで、父がカラオケを企画した時に、僕は釣りに行くなんて言って参加しなかったけど、なぜ行かなかったのだろう。今ならもっとたくさんの曲を、一緒に歌えると思うのに。父にもらった本を眺めながら、父が今ここにいなくて、とても残念に思う。
| - | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
KTM互換パーツ情報 リアブレーキ関係

【図はクリックで拡大します】

 

三月のことですが、キャリパーシール、ピストン、マスターシリンダをまとめて交換しました。昨年のSUGO 2DAYSの初日の最後にマスターシリンダーがトラブルをおこし、リアブレーキが利かなくなったのです。2012年の秋のデリバリーから交換していなかったので、四年以上使った事になります。

 

KTMのモトクロッサーやエンデューロマシンで現在使われているブレンボのブレーキマスターシリンダは、非分解式です。

このため、インナーの交換ではなく、まるごと交換になります。実は古いブレーキマスターシリンダーのインナーパーツをモンドさんからお借りして見比べたのですが、いまのリアブレーキマスターシリンダには06までのピストンは流用できませんでした。

残念ながらキャリパーシール、ピストン、マスターシリンダについては流用パーツ情報はありませんので、純正品をオーダーしてください。マスターシリンダーは少々高いですが、ノーメンテナンスで四年使用できたので、非分解式にしたことで耐久性が高くなっているのだろうと推測できます。

 

マスターシリンダ交換に必要な9番のカッパーガスケット、つまりブレーキバンジョー用の銅ワッシャは、汎用品が使用できます。内径が10mm、厚みが1mmであれば、外径は14mmでなくとも構いません、16mmタイプなども使用できます。

純正だと20枚セット(2660円)になってしまいますが、例えばモノタロウなら一枚単位で購入できます。二枚必要ですが、100円で買えますね。また、ナップスなどのバイク用品店や、工具のストレートなどでも購入できます。

クラッシュワッシャー銅 内径10mm

 

また、さらに消耗の激しいリアブレーキ周りのパーツとして、17番のスイベルヘッドと21番のベアリングが挙げられます。これらは、泥や砂で摩耗してガタが出やすいので、1〜2年に一度は交換すると良いと思います。これらはいずれも汎用部品のため、モノタロウやAmazonで純正より安価に購入可能です。

 

リアブレーキペダルのベアリングは、純正品が852円で、これが二個必要なので1704円になりますが、汎用品なら二個で400円足らず。

ボールベアリング 6000 2RS(両側接触ゴムシール型)

 

17番のスイベルヘッドは、「ロッドエンド(おねじ)」という名称で販売されています。

M6サイズの無給油タイプ(自己潤滑タイプ)を使用します。

ここは常にむき出しになっているので、特にオフロードバイクでは短期間で消耗する部品です。

ここのパーツは、純正品が3163円に対して、モノタロウであれば550円程度で購入できます。

ロッドエンド(無給油おねじ)右ねじタイプ

 

実は僕はさらに安い、「二個で280円」のものを使っています。(笑)

2pcs 6mm SA6T/K リニアベアリング 球面軸受 ロッドエンド球面滑りベアリング 軸受

 

ただし、市販品は、いずれの製品も雄ねじ部分の長さがKTMより長いので、純正と同じ長さにカットして使います。

外したKTM純正パーツと並べ、同じ長さになるようにM6ナットを装着しておいて、グラインダでカットすると簡単ですが、金のこでもカットできます。長いまま使う事もできますが、ブレーキペダルの位置が高めになりますので、低くセットしたい場合にはカットは必須です。

 

カットするとこうなります。これで純正品とまったく同様に使う事が出来ます。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク KTM | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
KTM互換パーツ情報 2st 4st スロットルワイヤ

KTM125EXCなど、2stマシンのスロットルワイヤは、2017年5月現在で4517円と、国産マシンに比べるとかなり高めです。

以前、CR250などのスロットルワイヤを小加工して流用してみた事もあるのですが、あまり良くありませんでした。

しかし、最近になって、モーションプロから純正の半額以下の互換パーツが出ていることがわかりました。


モーションプロ Motion Pro スロットルケーブル 引き側 13年 KTM 060152 10-0152

2017年5月現在で¥ 1,891 + ¥ 500 関東への配送料

純正パーツナンバーで、 51502091100 および 51502091200 が使われている2st KTM、ハスク、フサベル等に使用できます。
※2013モデルまでは51502091100で、2014モデルからは51502091200ですが、品番統一されていますのでどちらにも使えます。

 

また、同様にKTM250EXC-Fなど、4stマシンのスロットルワイヤセット(押し側引き側の二本セット)も同じくモーションプロから販売されています。
モーションプロ Motion Pro スロットルケーブル セット 05年-12年 KTM 0650-1056 10-0111

2017年5月現在で純正は6,495円、一方モーションプロのほうは¥ 3,131 + ¥ 500 関東への配送料 と、こちらもおよそ半額です。

純正パーツナンバーで、 51502091000 および 78102091000 が使われている4st KTM、ハスク、フサベル等に使用できます。
※2013モデルまでは78102091000で、2014モデルからは51502091200ですが、品番統一されていますのでどちらにも使えます。

 

スロットルワイヤは消耗品なので、純正互換品が安く購入できるのは嬉しいですね。なお、どちらもアメリカで在庫し、注文後に取り寄せる仕組みのため配達までに少し時間がかかりますので、その点はご注意ください。

 

以前の互換パーツ情報(2スト用クラッチ板など)のまとめ記事はこちら
http://blog.ringo-juice.net/?eid=907966

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク KTM | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
<< | 2/253PAGES | >> || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE