<< 2016 Y2XC-R3(今年、初参戦!) | TOP | 河川敷コース練習 with おさるさん & おかじまファミリー >>
| /PAGES | || TOP
KTM整備記録 油圧クラッチ ピストンOリング交換(二回目)

Y2XCにて、クラッチが切れなくなったKTM。

マスターシリンダの蓋を開けると、案の定…

クラッチオイルが黒ずみ、無くなりそうなくらいに減っています。

 

KTMの油圧クラッチは、こんな構造になっています。

 

油圧クラッチが切れなくなる症状が出た場合、まず目視で確認するのは、63番のクラッチホースの、上下のバンジョーボルトが緩んでオイルが漏れていないか、ということですが、ここから漏れていることはほとんど無いはずです。また、32番のマスターシリンダー側のピストンが摩耗してオイル漏れする場合もありますが、ここがダメになってきたときには、タッチがギシギシした感触になるし、レバーの根本あたりにクラッチオイルが漏れてくるので、目視で確認できますね。

 

この三カ所から漏れていない場合には、69番のスレーブシリンダー側のピストンのOリングのヘタリです。ここはエンジン側の熱、ミッションオイルの汚れにも影響を受けるので、消耗しやすいと考えられます。ここのOリングがヘタると、クラッチを握るたび、つまり圧力がかかるたびに、微量ずつクラッチオイルがエンジン側ににじみ出し、油圧がかからなくなるため、次第にクラッチが切れなくなります。

 

構造上、ピストンが消耗することは考えにくく、Oリングだけ変えれば良いはずですが、KTMからは、ピストンごとでしかパーツ供給されていません。

 

そこで代替品として、ホンダのパーツ(91354-SA5-952 Oリング 172円)や、サイズの適合する汎用Oリングで代用します。

 

スレーブシリンダーを分解し、シリンダーのOリングを指で触ると、ざらつきを感じました。オイルに混じる汚れ、異物をOリングに噛んで、クラッチオイルが少しずつ漏れたのでしょうね。

幸い、手元に部品を持っていましたので、すぐに修理できました。

 

実はおよそ一年前にも同様の症状を発症し、ピストンのOリングを交換しております。

→ KTMとセローの整備メモ(ワイワイとクロカントライアルのため)

2015年7月ですから、ちょうど一年前ですね。

そのときは、コテツさんに譲っていただいたOリングだったので、メーカーなどはわかりませんが、装着されていたOリングの実測から、内径23mm、線径2.0mmくらいのOリングが適合するだろう、との話でした。

 

サイズで調べるとこのあたりですね。

内径23.5mm、線径2.0mm

今回は、このOリングにて修理しています。

 

ところが、これは「固定用」となっています。

一般的にピストンに使われる「運動用」は、断面つまり線径が太く、その分、可動部において密閉度が高く、耐久性があるのだそうです。しかしながら、24mm径で「運動用」Oリングを探すと、線径が3.5mmになってしまい、あまりに太すぎます。

 

ただ、Oリングというのは、使用すれば伸びますし、つぶれて扁平になります。コテツさんに教わったOリングのサイズは使用後のもので、もしかしたら、新品時はもう少しだけ内径が狭く、線径が太いのかも知れません。

そこから考えると、このあたりも使用できるかも知れません。

内径21.8mm、線径2.4mm

次回は、このOリングにて修理してみようと思います。

 

 

なお、Y2でクラッチが切れない、握りきっても半クラッチになるような状態で走ったので、クラッチにどのくらい負担がかかったかが心配になり、念のため、交換したばかりのクラッチも開腹してチェックしました。

幸い綺麗な状態で、ほっとしました。

 

ミネラルオイルもシマノ製を使っているので、かなり安くメンテナンスできます。

一年、もしくは大きなイベントの前には定期交換することにします。

 

JUGEMテーマ:車/バイク

| オフロードバイク KTM | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメントする









| /PAGES | || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE