<< 梅雨の晴れ間…晴れ過ぎ…?林道ツーリング | TOP | 2015 Y2XC R3 >>
| /PAGES | || TOP
KTMとセローの整備メモ(ワイワイとクロカントライアルのため)
最近KTMのクラッチの切れが悪くなってきていました。クラッチレバーをかなり遠くしてレバーを完全に握っても、バイクが押せない。それだけならまだいいのですが、エンジンが止まっている状態でクラッチを切って坂を下っている際に、エンジンがかかりそうな気配があり…これはけっこう危険なのですよね。

クラッチのミネラルオイルは先日全交換したばかりなのですが、マスターシリンダーを開けてみるとオイルが黒く変色しています。ミッションオイルが混じっているのかも?

そこで、クラッチレリーズのOリングを交換することにしました。部品の手配が間に合わなかったので、KTM仲間のコテツさんに部品を譲っていただきました。ここはホンダのパーツ(91354-SA5-952 Oリング 172円)や、汎用Oリングで代用できるようです。

Oリングを交換した上で、ミネラルオイルをブリーダーから注射器でいれて、上からも下からもエア抜きしました。

とりあえず、一速にギヤをいれるとバイクを押すこともできなかったのが、重いけど押せるくらいになりました。ニュートラルにいれなくても、エンジンはかけられるくらいには切れるようになりまし た。ニュートラルから一速に入れる時のシフトショックが大きいけど、オイルが固い(15w-50)からかもしれません。オイルがあったまったらもっとキレ が良くなるかも。市販車トレールバイクだと、ニュートラルに入れたみたいにスパッと切れるんだけど、レーサーってこんなもんでしたっけね?新車から2年半 たつと、最初がどうだったか忘れちゃいました(∩∀`*)

それから、ボロボロだったグリップゴムを交換。


長穴部分にクラックが入っていたCYCRAのハンドガードも交換しました。

思ったほど頑丈じゃないな、CYCRA。アルミが柔らかく、変形しやすい気がします。
今回はまたCYCRAにしたのですが、これもダメになったら、Enduro Engineeringのガードに変更しようかな。
あとは、ゼッケンを貼ればY2用の整備は完了です。



さて、お次はセローです。

KTMのゼッケンナンバーはかっちりした書体で切りましたが、こちらは…ええと…味で勝負です(笑)。
フロントだけで良いそうです。


先週のツーリングで、走行に関わる部分には特に問題がないのを確認しました。
で、予備車検をしてみたところ…

ホーンがなりませんでした…。

裏の調整ネジを動かしたり、コンコンたたいたりしたら、ホーンボタンを押した際に「ポコ」っとは言うようになりましたので、導通はしているようです。が、鳴りません。

錆びて貼り付いちゃったかな?
ということで、CRF250Lからホーンを借用

これをセローに移植。

無事に鳴りました。良かった良かった。

左右ミラー、灯火類OK、忘れがちなリフレクターもOK。

これでクロカントライアルへの参加準備もできました。

明日は雨らしいので、今日のうちに、バイクだけは車に積んでおきました。

 
| オフロードバイク メンテナンス | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメントする









| /PAGES | || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE