<< ジャンクPowerMacG5マシンが復活 | TOP | オフロードヴィレッジの保険 >>
| /PAGES | || TOP
原発問題はまだまだ、これからだ
お友達のCozyさんのmixi日記の内容を皆さんにも見ていただきたく、ご本人に許可をいただいて転載させていただきます。

(以下、転載です)

東西対立の遺物、原発よさらば
これまでの経緯、現況、今後についてよくまとまっています。未だ原発の危機的状況は回避されていませんが、だからこそ次を考え行動することが必要と私は思っています。

小出裕章参考人の全身全霊をかけた凄まじい原発批判…引き出しが多くわかりやすすぎる!文字おこし・参議院行政監視委員会
昨日の参議院行政監視委員会には、京都大学原子炉実験所の小出裕章助教、元東芝で原子炉格納容器の設計に携わってきた後藤政志氏、原発震災」の恐 れを1990年代から警告した石橋克彦・神戸大学名誉教授、ソフトバンクの孫正義社長の4人が参考人として呼ばれ、それぞれの意見を述べました。
皆素晴らしい陳述だったのですが、私は特に小出さんのいつになく決意に満ちた語り口に胸が熱くなりました。できれば参議院のインターネット中継録画やユーストリームでご覧になっていただきたいのですが、時間のない方はこちらの文字おこしを読んでみて下さい。

動画はこちらが参議院のインターネット審議中継。
こちらがUstream。

(以上、転載でした)

小出裕章さんは、以前から原発反対論を展開されているかたですが、こういった方をすぐに「トンデモ」扱いする輩もいます。しかし、今回参議院行政監視委員会に参考人として呼ばれたこと、そしてその内容を見ていただければ、「トンデモ」どころか、正しい知識に基づくたいへん筋の通った反対論であることがお分かりいただけると思います。この参考人陳述の内容は、J-WAVEの番組でもとりあげられていました。

福島原発事故の状況は、大変残念なことに悪化の一途をたどっているように見えます。収束の目処がたつのはいつなんでしょうか。そして、このニュースも気になります。
もんじゅ:落下装置の引き抜き作業開始 今月末から本格化 /福井
福島原発や被災地がいまだ大変危険な事態であるにも係らず、引き抜きに必要な機器の製造などに少なくとも約17億5千万円の費用がかかるというこのもんじゅの作業が急がれるのは、つまりそれだけ現在のもんじゅの状況が危険だということを露呈しているように思えてなりません。もし装置の引き抜きが成功しても、我々は決してもんじゅの再起動を許すわけにはいかないのです。
| 原発反対! | 19:04 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
がべじんさん、ありがとう。
一人でも多くの人に見ていただき、原発を考えるきっかけにしていただければと思ってます。
| Cozy | 2011/05/26 1:46 AM |
Cozyさん、こちらこそありがとうございます。
たくさんの人にみていていただきたいですね。
| masato/がべじん | 2011/05/26 9:39 AM |
コメントする









| /PAGES | || TOP
整備工具のストレート応援中!

カテゴリ分けがいい加減なので、過去記事を参照されたい場合は「KTM」などのキーワードで探してください。検索ワードを含む記事一覧が表示されます。

ケータイから閲覧できます

QRコード
http://blog.ringo-juice.net/
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE